*[ゲーム]SEKIRO(プレイ時間:170時間、放置時間含)

3月の発売日に家に届いてはいたものの4月を過ぎるまで忙しくてパス

5月半ばくらいからようやっと進め始めたが、いやはやむずい

 

半ば投げながらもチマチマ進めて6月半ばに1周目をクリアした

ボスはもとより雑魚さえ辛い

手段は選ばない方向で恥も外聞もなくボス類は攻略動画を観ながら進めるも、

動画勢がホイホイ行う方策が反応速度とかの問題で再現出来ない

故に色々なやり方を観つつ、各ボス毎に自分で対策を最適化していく必要があった

 

あと今更ながらこの手のギリギリの動きを要するアクションゲームでは

キャラと一緒に自分の身体が動くというクソ雑魚仕様に気づくに至る

これがまた反応速度低下に拍車をかけている気がした

 

色々あってようやっと辿り着いたラスボスのまぁ辛いこと辛いこと

前座に数秒で倒されて終わるとかザラ

約1週間の足踏みを経てようやっと1周目クリアした

 

2周目以降は段々楽になっていった

ただし、システムの理解が進んだというわけでもなく

単に攻撃力と体力に装備等が充実していたためというのが理由

徐々に見切りが使える様になったり剣戟システムに馴染んできたと

実感したのは2周目の最後からくらいであったという体たらく

 

お話的な事を言えば今作はダクソブラボよりは曖昧な箇所は少なく

きちんと大枠のストーリーがあり、フラグは一部を除いて判りづらいものの

わりと思った通りにお話は幾つかに分岐していく

ただしやはりフロム節というか全てを語らぬという手法は健在で

かつ普通の戦国忍者活劇モノと思いきや、

伝記モノというか化物やら蟲憑きやら不死やらが核となる

 

3周目を終えて全実績解除したがやるほどに剣戟システムに馴染んでいった

それでも動画勢みたいな華麗なアクションが出来るわけではないが

おっさんでも高難度と言われるゲームを形の上だが制覇は可能だと

久々にカタルシスを得ました

 

嗚呼、これでダクソ・ダクソ3・ブラボ・セキロに関しては実績100%解除出来た

ダクソ2は不問という事で

 

*[日常]Avengers Endgame

昨日木場の109でIMAX字幕3D版を観てきた2600円也

シリーズ集大成として素晴らしいフィナーレ

ほぼケチのつけようがない3時間のエンターテイメントでした。

 

思えば10年近く前に約2カ月のカナダ出張中にチリワックの小さな映画館で気晴らしに観たアイアンマン2のバカバカしい迄のハリウッドエンタテイメントに当時落ち込んでいた気分がだいぶ救われたのは今となっては良い思い出になったと言える。

 

今は今で当時と全く違うことをしてるがだいたい手探りなのは変わっていない。

不惑とは一体・・・。

 

そういや人生折り返しを過ぎたわけだが年柄もなく大型バイクとか買ってそれはそれで楽しんではいるものの、たまたまミッドライフクライシスてな記事をネットで見たら中年危機に陥ると大型バイクに乗り始めたりするのはよくあることっぽい。

そんな典型例に自分が分類される事を知ると何とも言えない気分になったという。

 

さて、さらば平成。

 

 

 

*[日常]

地味にいくつか手入れをしているアフリカツインさん

 

クラッシュバーとスキッドプレートはアウトバック

ハンドガードはアチェルビス

 

なお本日初のコケを経験した模様

ガードのおかげで本体は無傷

ハンドガードとクラッシュバーが若干傷ついたという

 

というか俺本体が傷ついた

あと心も傷ついたっぽい

 

 

*[ゲーム]

隻狼と大昔に買ってあったデッドセルズをやってます

隻狼むずいです

ようつべの女性配信者とか結構ホイホイ進んでクリアとか

してるっぽいというのにこのおっさんは・・・

 

(´・ω・`)

 

海外のゲームのコツとか見てるとリズムゲーみたいな感覚で

敵の攻撃弾いてなんぼだとかかんとか

リズムゲー苦手

 

(´・ω・`)

 

 

仁王コンプリートエディション

スチーム版を年末のセールで買っていたのでやってみた

プレイ感覚はダクソだがゲージが溜まるとボムが撃ててゴリ押せる、みたいな?

一応エンディングは見たがエピローグやらDLCやら2周目以降あるらしい

以下ネタバレオンパレードで候 

 

仁王のひみつ其の1:

ハットリハンゾーは懐中から猫を取り出して(瞳孔の大きさで)時間を計るぞ!

  

仁王のひみつ其の2:

ヒロインのお勝は家康の娘だが家出してクノイチになったという筋金入りの忍者プリンセス

他の女性陣に比べると見劣りするとか言っちゃだめだぞ!

 

仁王のひみつ其の3:

立花誾千代さんが美人過ぎて辛い

  

仁王のひみつ其の4:

雪女は信長の正室である濃姫さんだぞ!

  

仁王のひみつ其の5:

天海が光秀なのは戦国BASARAと同じだぞ!

隣の陰陽師である福さんが美人過ぎて辛い

  

仁王のひみつ其の6:

デカい黒武者でアレかと思ったらやっぱり弥助ネタぶっこんできたぞ!

  

仁王のひみつ其の7:

ボクはきれいな信長!!

なんか近年まれにみる覇気の無いアレな信長ボイス

もしかしてと思ってスタッフロールみたら案の定シブサワコウだった

 

コーエーのこれまでの信長はちゃんと声優起用だった気がしたが

社長が信長の声やりたいと言ったのか周りが忖度したのか

部外者には知る由もない

アフリカツイン

1月26日に1カ月点検でディーラーに持って行ったわけだが

その時点の走行距離は1199kmでした

 G2オイル4リットルとエレメント交換で約6千円也

 

真冬のさみーなか走るのはそれなりに辛いので見た目はこの際置いといて

ラフアンドロードのハンドルカバー(RR5927)を付けてみました

絶妙にジャストフィットと言えないんだが機能としては必要十分であり

何よりこれで純正グリップヒーターもイイ感じに生きて

シリアスな冬用グローブは要らなくなったという

 

他にも地味なカスタマイズを色々進めてます。

これまでハンドルバーの中央にスマホホルダーを付けていましたが

やはり視線移動を要するのは危険が危ないので

細いフレームパイプに何とかそれを取り付けれられないか検討してたが、

何のことはない使っていたラムマウントに細い径対応のベース(RAM-B-231U

というのがあったので、100円ショップの滑り止めゴムを巻いて試したところ

バッチリ固定できたので今後はこれで生きていきたい。

 

さて、慣らしは主に房総半島を走ってました。

興が乗ってお一人様でも予約できた温泉宿は2食付きで1万円と格安

食事はバイキング方式で夜はアルコール飲み放題付き

まぁ内容は警戒してたよりは悪くなかったんですが風呂が微妙でした。 

 

道の駅三芳村 鄙の里にはビンゴバーガーって和牛バーガーがあり

これがまたでかいし美味いというので行ってみたところ

でかいし美味かったので皆におすすめしていきたい

特にパティが美味くてホロホロと口の中でほどけていく様でした

近場にあれば隔週くらいで通いたいくらい

 

今回初めてだったのでサイドディッシュを全て付けたが

正直揚げ芋は適度に太い奴が好みなので

次回はパティ2枚のバーガー単品を自販機のコーラで流しこもうと思った。

 

実は都内住まいで千葉とかすぐそこな場所に居るわけだが

南房総へ行くとなると湾岸線で川崎まで下り

アクアライン経由で行った方が早いのが

なんとなく悔しい気持ちになるという

 

千葉は日帰りツーリングにとても良い塩梅なんだが

惜しむらくは良いワインディングロードに巡り合っていないので

引き続き発掘作業を行っていきたい

 

あけおめことよろ2019



2018年は大型自動二輪取ってアフリカツインを買ったわけだが
今年も何か新しいことが出来ればいいな


年内は450km程度走りました
最低限度の慣らしは500kmというわけでほどなく達成する見込み
まぁ普通に走るだけで特に慣らしだと気を使ってるわけでは無い


なお、FGOの福袋ガチャはダビンチちゃん+剣スロ+フランちゃんと何とも微妙な…

納車


というわけで2019年版 CRF1000Lアフリカツインが納車されました
めでたしめでたし
つか良い絵が撮れないな


オプションはハイウインドスクリーン、ローシート、クイックシフターを付けた
細かい感想はそのうち語っていきたいがとりあえずハイスクリーンはちょうど境界線が視線を邪魔する様な感じでノーマルに戻すかもしれん


当面慣らし運転なのでクイックシフターは封印
回転数は5000程度までに押さえとけとか言われたが市街地を車にくっついて走る分には3000とかでギアもせいぜい3速、極まれに4速に持ってく程度


午前中にディーラーで受け取ってからツーリングがてら諸々行こうとしてたが小雨がぱらついてきたので止め
ライコランド東雲に寄って若干買い物をしたが小雨止まず、素直にガレージに戻りそっから歩いてくら寿司で遅い昼食を取って帰った
走行距離は30kmくらいだったかな
そんな一日